Menu:HOMEJ-REITチャート一覧世界の株・為替チャート権利確定日カレンダー | 記事(J-REIT株式投資信託おもしろ動画)
最新記事


-- --, --

◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のランキングは何位?→ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
03 27, 2010

◆J-REITの魅力とは?

前回の【J-REITとは?】はこちら

J-REITの魅力は主に以下の4点です。
■高利回り
■為替リスクがない
■割安
■外部成長ステージ
■高利回り
現在の東証REIT指数の配当利回りは約6%です。
少し見にくいですが、下のグラフの青い線です。
リーマンショック時には一時10%近くまで上昇しました。
利回り

ほかの資産と比べてみましょう。
日本株の配当利回りよりもかなり高いです。
日本国債や定期預金よりも高いです。
為替リスクを取る米国債ですら3.6%です。
J-REITは為替リスクをとらないのにこんなに高利回りで魅力的です。
利回り比較

さらに、グローバル・リート(G-REIT)と比べてみましょう。
G-REITは、海外のリートです。
絶対的な利回りの数字で見れば、オーストラリア(A-REIT)やシンガポール(S-REIT)が高いです。
でもこれらは当然その国の為替リスクもとることとなります。
注目することは、国債利回りとの差です。
国債利回りとの差が大きいほど割安ということです。
逆に言えば、国債利回りとの差が少ないのであれば、あえてREITではなく国債を持てばいいだけの話です。
下のグラフの赤い点が国債利回りとの差ですが、日本のJ-REITが高くなっています。
つまり、グローバルで見ても日本のREITは絶対的な利回りで見ても割安ですし、相対的に見ても割安といえます。
よくグローバルリートの投資信託を買っている方がいますが、指数ベースの利回りは5%程度で実はJ-REITより利回りが低いんです。
分配利回りが15%なんて投資信託もありますが、15%のうち5%が実力分と思ってもらっていいです。
残り10%はいわゆるタコ配です。
ファンドだと分配原資から出せますので、実力の利回り+今まで貯めた原資を吐き出しているだけです。
グローバルの債券利回りが4%程度ですので、G-REITはあまり旨みがないといえます。
この記事とはあまり関係ないので、また詳しく書きます。
GREIT比較

REITが高利回りというのには理由があります。
それはREITが税制優遇されているからです。
「利益の90%以上を配当にまわすと、法人税は免除」という優遇を受けています。
したがって、不動産賃料から経費を引いた利益の9割以上を配当にまわすのでREITは高利回りです。

■為替リスクがない
先ほども書いていましたが、日本のREITですので日本円で買うものです。
一方オーストラリアのREITであればオーストラリアドルで買います。
日本円を一旦オーストラリアドルに替えてからREITを買うことになります。
つまり、リートの価格変動リスクと為替リスクの両方を負うことになります。
日本のJ-REITは価格変動リスクだけで為替リスクはありません。
先ほどの「高利回り」でも説明しましたが、J-REITは為替リスクがないのに高利回りということが魅力といえます。


■割安
J-REITはリーマンショックで暴落してからまだ回復途中です。
実は現在は解散価値を下回っている状態です。
下のグラフのNAV倍率がそうです。
株でいうPBRとほぼ同じです。
REITが保有している不動産物件の評価額から負債を引いた投資主持分が現在の株価と比べてどうか?というものです。
1倍を下回っていたら解散価値を下回っているということです。
現在のJ-REITは1倍を下回っています。
このグラフは住友信託銀行が試算したものですが、私的には0.8倍ぐらいが妥当と考えています。
どちらにしても過去平均の1.25倍よりは大幅に下回っています
個人でマンション投資とかするよりも市中不動産価格より安く評価されているREITを買ったほうがお得と考えることもできます。
NAV.png

■外部成長ステージ
リーマンショック以降、REITは資金調達で苦労していました。
ボロいREITは借り入れ金利が上昇したり、借り換えできなかったり。
ひどかったのは、ニューシティレジデンス投資法人というREITが民事再生法を申請する事態にまで至りました。
しかし、金融危機もおさまり、政府のセーフティネットも一助して、資金調達環境は大幅に改善しました。
そこで、REITは安くなった不動産物件を取得する動きが出てきました。
安い物件を取得できれば物件ポートフォリオ全体の利回りが上がり、分配金も上昇することが期待されます。
実際、物件取得の攻めに出たREITの分配金が上昇するという事例も出始めてきています。
つまり、現在のJ-REITは守りから攻めに移ったステージといえます。
物件取得


■最後に
これまでJ-REIT市場全体の魅力について説明してきました。
しかし市場には40銘柄弱のREITが存在しています。
いい銘柄もあれば、当然悪い銘柄もあります。
このブログではその辺も書いていっていますので、ご参考にしてください。


次は、自分にあった投資方法は何か?を紹介します。


【おまけ】<J-REITお得情報>
J-REITに投資するには、まずは証券口座の開設が必要です。
J-REITの配当利回りに貸し株金利<最高1.00%>を受け取れるチャンス!!
マネックス証券がオススメです。
まずは、資料請求して吟味してください。


証券会社の口座が開設できたら、投資資金を振り込む必要があります。
そこでおすすめなのが、振り込み手数料が月3回まで無料の住信SBIネット銀行!!
ネット上での申し込みだけで開設できますので、カンタン。
こちらの銀行口座の開設もあわせればお得です。
関連記事

今日のランキングは何位?→ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
Posted in J-REIT

過去の記事はこちら↓

Previous: 2010年3月末運用成績

Next: バイオハザードでドラゴンボールOP 魔訶不思議アドベンチャー!
プロフィール

おでん

Author:おでん
元機関投資家。
個人資産運用は株式、REIT、債券などグローバル且つ全般的に手がけています。

個人資産運用歴:9年
2001年から個人資産の運用開始です。マーケットの恐怖も快楽も経験済み。
9年累計で、資産は現在54倍。
目標は、200倍を達成し、ファイナンシャル・フリーダムを手に入れます。

【相互リンク募集中】
↓サイトマップからどうぞ

運用成績
おでんFundの運用成績
■2014年1月末時点
資産推移
(画像をクリックすると大きくなります)
■基準価額
 基準価額前月比
おでんFund1025.86pt+3.15%
TOPIX74.0pt-6.27%
おでんFundは、2005年12月末を100ptとして指数化したものです。 ベンチマークはTOPIXとします。 ブログパーツ
<運用の基本方針>
<はじめに>以下の基本方針のもと資産運用を実践しています。
■運用方針

資産形成=(収入-支出)+資産×利回り
に基づき資産の成長・最大化を目指す!
■投資態度
①株式、REIT、債券、コモディティ、デリバティブ等あらゆる資産を投資対象としながら、必要に応じてキャッシュへ退避。
②トップダウン&ボトムアップ・アプローチで投資妙味が高い資産・銘柄を厳選。
③円ベースでの絶対収益を目指す。
■投資哲学
パフォーマンス至上主義。フェアバリューへの収斂を収益機会と捉えファンダメンタルズ分析を徹底。長期投資において資産を増やす為には、取り返しのつかない大きな損失を出さないことが決定的に重要。
鉄則1:損をしないこと。
鉄則2:鉄則1を決して忘れないこと。

■運用成績
上側のチャートをご覧ください。
サイトマップ
国内初のRTB広告”Kauli”

日本国内初!RTBの報酬で多くの広告収益を獲得
RTBとはリアルタイム・ビッディングの略称で、広告主が訪問者の属性情報に合わせた広告をリアルタイムに入札できる仕組み。 Kauliでは従来から培ってきた収益最大化ロジックと広告配信技術によって、国内で初めてRTBに対応。 Kauliの広告枠を利用することで、RTBにより高い広告料を提示した広告主からの広告を配信することができます。 リアルタイムで最も広告料の高い広告を配信することが見込めることで、メディアパートナー様はより多くの広告収益を獲得できます。
利用は全て無料
登録はこちら→Kauli
Feed Me!
おでんの投資ファンドブログのRSSフィード
** list me plz! **
メールフォーム
当ブログのオーナー「おでん」へメッセージをください。 相互リンクの申請、雑談なんでもOKです。

名前:
メール:
件名:
本文:

J-REITリンク
◆日本ビルファンド投資法人
◆ジャパンリアルエステイト投資法人
◆日本リテールファンド投資法人
◆オリックス不動産投資法人
◆日本プライムリアルティ投資法人
◆プレミア投資法人
◆東急リアル・エステート投資法人
◆グローバル・ワン不動産投資法人
◆野村不動産オフィスファンド投資法人
◆ユナイテッド・アーバン投資法人
◆森トラスト総合リート投資法人
◆日本レジデンシャル投資法人
◆東京グロースリート投資法人
◆フロンティア不動産投資法人
◆クレッシェンド投資法人
◆日本ロジスティクスファンド投資法人
◆福岡リート投資法人
◆プロスペクト・リート投資法人
◆ケネディクス不動産投資法人
◆ジョイント・リート投資法人
◆ラサール ジャパン投資法人
◆FCレジデンシャル投資法人
◆DAオフィス投資法人
◆阪急リート投資法人
◆アドバンス・レジデンス投資法人
◆スターツプロシード投資法人
◆エルシーピー投資法人
◆ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人
◆トップリート投資法人
◆ジャパン・オフィス投資法人
◆ビ・ライフ投資法人
◆日本ホテルファンド投資法人
◆日本賃貸住宅投資法人
◆ジャパンエクセレント投資法人
◆日本アコモデーションファンド投資法人
◆MIDリート投資法人
◆日本コマーシャル投資法人
◆森ヒルズリート投資法人
◆野村不動産レジデンシャル投資法人
◆産業ファンド投資法人

◇不動産証券化協会

◇J-REIT物件Map
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。