Menu:HOMEJ-REITチャート一覧世界の株・為替チャート権利確定日カレンダー | 記事(J-REIT株式投資信託おもしろ動画)
最新記事


-- --, --

◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のランキングは何位?→ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
04 04, 2010

◆自分にあったJ-REIT投資法は?

前回までの解説はこちら。
J-REITとは?
J-REITの魅力とは?


さて、今回は「自分にあったJ-REIT投資法は?」ということで、J-REITに投資するにもいろいろな方法があります。
その選択肢をご紹介しますので、投資判断の参考にしてください。

■投資信託
多数の投資家から資金を預かり、プロがまとめて運用しています。
1万円以上からの小額資金で投資できるのが特徴です。
J-REITの投資信託なら20?30銘柄に分散されているのも特徴です。
大きく種類分けすると、<アクティブファンド>と<インデックスファンド>があります。

<アクティブファンド>
プロが銘柄を厳選して選び市場平均を上回る運用成績を目指すものです。
インカム(配当)狙いのファンドやバリュー(割安)を狙うファンドなどがあります。
【例】中央三井Jリートアクティブファンド

<インデックスファンド>
市場平均の指数(ベンチマーク)に連動することを目指すファンドです。
連動を目指すので、それ以上の超過収益は狙いません。
ファンドの信託報酬や売買コストが安いのが特徴です。
ベンチマークは「東証REIT指数(配当込み)」としているファンドが大方です。
東証REIT指数とは、東京証券取引所に上場しているJ-REITを時価総額加重平均で算出した指数です。
簡単に言えば、市場全体の値動きを捉える指数に連動するということです。
【例】eMAXIS 国内リートインデックス


■ETF(上場投資信託)
ETFの運用目標としては、先ほどの投資信託のインデックスファンドと同じです。
違いは、上場しているか、していないかです。
上場していることのメリットとしては、いつでも売買ができる
それから、上の投資信託よりコストがさらに安い
デメリットは、市場での売買値で取引するので、その売買値がベンチマークと乖離する可能性があるということ。
ただ、乖離は上にも下にもあるので、デメリットといえるか微妙ですが。
私個人的には、ETFの方が好きです。
ちなみに、こんな記事【インデックスファンドならETFを買いなさい】も書いてますので、ご参考まで。
【例】NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(コード1347)
【例】上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型(コード1345)


■個別銘柄
日本には現在40銘柄弱のJ-REITが上場しています。
その個別銘柄を自分で選んで、買うというものです。
銘柄選定できる人にオススメです。
難しいという人は、上の投資信託やETFがオススメです。
上場銘柄には様々なものがあります。
【J-REITとは?】でも紹介しましたが、オフィスビル系、レジデンス系、商業施設系、ホテル系など様々です。
また、配当利回りや財務状況も様々。
銘柄の良し悪しを見分ける参考としてこのブログでは日々コラム【J-REITコラム】を書いていますので、ご参考にどうぞ。


選択肢メリットデメリットコスト
投資信託・プロが運用
・分散投資されている
<インデックスファンド>
・コストが比較的安い
<アクティブファンド>
・超過収益が狙える
・1日1回しか買付・売却の受付がない
・自分の運用方針に合った投資信託がない場合もある
【買付時】
買付手数料(0?3%程度)

【売却時】
なし

【日々】
信託報酬(インデックスファンド:年間0.5%程度、アクティブファンド年間1.0%程度)
ETF・コストが安い(最安)
・いつでも売買できる
・貸株が利用できる
・ベンチマークと乖離した値で売買されるときがある。(上にも下にも乖離する可能性あり)【買付時】
買付手数料(100円?)
※マネックス証券の場合

【売却時】
売却手数料(100円?)
※マネックス証券の場合

【日々】
信託報酬(年間0.25%程度)
※貸株を利用すると、逆に最高1.00%の金利が受け取れる。詳しくは下記(お得情報)を参照
個別銘柄・自分で好きな銘柄を選べる
・大きな超過収益を狙える
・貸株が利用できる
・銘柄選択が難しい【買付時】
買付手数料(100円?)
※マネックス証券の場合

【売却時】
売却手数料(100円?)
※マネックス証券の場合

【日々】
なし
※貸株を利用すると、逆に最高1.00%の金利が受け取れる。詳しくは下記(お得情報)を参照


【おまけ】<J-REITお得情報>
J-REITに投資するには、まずは証券口座の開設が必要です。
J-REITの配当利回りに貸し株金利<最高1.00%>を受け取れるチャンス!!
マネックス証券がオススメです。
まずは、資料請求して吟味してください。


証券会社の口座が開設できたら、投資資金を振り込む必要があります。
そこでおすすめなのが、振り込み手数料が月3回まで無料の住信SBIネット銀行!!
ネット上での申し込みだけで開設できますので、カンタン。
こちらの銀行口座の開設もあわせればお得です。

関連記事

今日のランキングは何位?→ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
Posted in J-REIT

過去の記事はこちら↓

Previous: FCレジデンシャル増資と金融庁への提言

Next: ビ・ライフとニューシティレジデンス合併成立
プロフィール

おでん

Author:おでん
元機関投資家。
個人資産運用は株式、REIT、債券などグローバル且つ全般的に手がけています。

個人資産運用歴:9年
2001年から個人資産の運用開始です。マーケットの恐怖も快楽も経験済み。
9年累計で、資産は現在54倍。
目標は、200倍を達成し、ファイナンシャル・フリーダムを手に入れます。

【相互リンク募集中】
↓サイトマップからどうぞ

運用成績
おでんFundの運用成績
■2014年1月末時点
資産推移
(画像をクリックすると大きくなります)
■基準価額
 基準価額前月比
おでんFund1025.86pt+3.15%
TOPIX74.0pt-6.27%
おでんFundは、2005年12月末を100ptとして指数化したものです。 ベンチマークはTOPIXとします。 ブログパーツ
<運用の基本方針>
<はじめに>以下の基本方針のもと資産運用を実践しています。
■運用方針

資産形成=(収入-支出)+資産×利回り
に基づき資産の成長・最大化を目指す!
■投資態度
①株式、REIT、債券、コモディティ、デリバティブ等あらゆる資産を投資対象としながら、必要に応じてキャッシュへ退避。
②トップダウン&ボトムアップ・アプローチで投資妙味が高い資産・銘柄を厳選。
③円ベースでの絶対収益を目指す。
■投資哲学
パフォーマンス至上主義。フェアバリューへの収斂を収益機会と捉えファンダメンタルズ分析を徹底。長期投資において資産を増やす為には、取り返しのつかない大きな損失を出さないことが決定的に重要。
鉄則1:損をしないこと。
鉄則2:鉄則1を決して忘れないこと。

■運用成績
上側のチャートをご覧ください。
サイトマップ
国内初のRTB広告”Kauli”

日本国内初!RTBの報酬で多くの広告収益を獲得
RTBとはリアルタイム・ビッディングの略称で、広告主が訪問者の属性情報に合わせた広告をリアルタイムに入札できる仕組み。 Kauliでは従来から培ってきた収益最大化ロジックと広告配信技術によって、国内で初めてRTBに対応。 Kauliの広告枠を利用することで、RTBにより高い広告料を提示した広告主からの広告を配信することができます。 リアルタイムで最も広告料の高い広告を配信することが見込めることで、メディアパートナー様はより多くの広告収益を獲得できます。
利用は全て無料
登録はこちら→Kauli
Feed Me!
おでんの投資ファンドブログのRSSフィード
** list me plz! **
メールフォーム
当ブログのオーナー「おでん」へメッセージをください。 相互リンクの申請、雑談なんでもOKです。

名前:
メール:
件名:
本文:

J-REITリンク
◆日本ビルファンド投資法人
◆ジャパンリアルエステイト投資法人
◆日本リテールファンド投資法人
◆オリックス不動産投資法人
◆日本プライムリアルティ投資法人
◆プレミア投資法人
◆東急リアル・エステート投資法人
◆グローバル・ワン不動産投資法人
◆野村不動産オフィスファンド投資法人
◆ユナイテッド・アーバン投資法人
◆森トラスト総合リート投資法人
◆日本レジデンシャル投資法人
◆東京グロースリート投資法人
◆フロンティア不動産投資法人
◆クレッシェンド投資法人
◆日本ロジスティクスファンド投資法人
◆福岡リート投資法人
◆プロスペクト・リート投資法人
◆ケネディクス不動産投資法人
◆ジョイント・リート投資法人
◆ラサール ジャパン投資法人
◆FCレジデンシャル投資法人
◆DAオフィス投資法人
◆阪急リート投資法人
◆アドバンス・レジデンス投資法人
◆スターツプロシード投資法人
◆エルシーピー投資法人
◆ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人
◆トップリート投資法人
◆ジャパン・オフィス投資法人
◆ビ・ライフ投資法人
◆日本ホテルファンド投資法人
◆日本賃貸住宅投資法人
◆ジャパンエクセレント投資法人
◆日本アコモデーションファンド投資法人
◆MIDリート投資法人
◆日本コマーシャル投資法人
◆森ヒルズリート投資法人
◆野村不動産レジデンシャル投資法人
◆産業ファンド投資法人

◇不動産証券化協会

◇J-REIT物件Map
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。